• OKWAVE >
  • 代表からのメッセージ

メッセージ

株式会社オウケイウェイヴ

代表取締役社長

兼元 謙任

みなさまへ
OKWAVEの代表を務めさせていただいております兼元 謙任(カネモト カネトウ)です。
世界の人と人を信頼と満足でつないでいくQ&Aサイト「OKWAVE」へのご参加、誠にありがとうございます。
この場をお借りして、このOKWAVEという質問と回答というサイトの主旨をQ&A形式で説明させていただければと思います。

Q&Aサイト「OKWAVE」はどんなサービスですか?

Q&Aサイト「OKWAVE」はこのサイトを介して、皆さんが助け合っていただくことを目的に運営されています。ユーザーの方々の困ったことや相談事、アンケートなどのOshiete(質問)とそれに対する経験知をともなったKotaeru(回答)をやりとりしていただけるようなサービスです。

社名、サービス名の由来は?

Oshiete(質問)とKotaeru(回答)の頭文字をとっています。それをあわせてOKとして、問題を解決する意味をこめ、その行為が世界中にWave(波)のように広がっていくことを願ってOKWAVE(オウケイウェイヴ)と名前をつけさせていただきました。

どうしてOKWAVEをはじめたのですか?

多くの方に、質疑応答による助け合いを通じて、個人間はもとより、国家間の誤解をもなくし、よりよいコミュニケーションと、生活をしていただきたいからです。

私は昔、在日の韓国籍でした(今は日本国籍に帰化をしています)。子供の頃に指紋押捺(当時は外国人籍の人は指紋を登録しなければなりませんでした)があったことで、はじめて自分の国籍を認識しました。同時に、それを知った一部のこころない子供たちからのいじめに遭い、体も心も壊れてしまい入院生活を余儀なくされました。

幾度も死の淵をさまよったのですが、入院中に出会った婦人が私の手相をみて、「あなたは前世大海賊の親玉で、よくないことをした。現世では前半生はその因縁の抹消のために理不尽なこともあるが、死ぬなんてことは考えず、生きていらっしゃい。後半生では病気も治り、社会に役立つ大きなことをしますよ。」と言われた言葉に助けられ、なんとか回復することができました。その体験から、大きな問題定義をもらうことができました。

「地球に国境という線はひかれていなのに、なぜ私たちは国籍という違いによって互いを傷つけてしまうのか?」それは「同じ人間なのに、同じ国籍なのに、なぜ私たちは個という違いによって互いを傷つけてしまうのか?」という疑問に発展しました。 その後、デザイナーとして企業に就職しながら、ボランティアグループを立ち上げ身障者の方々のためのボランティア活動をおこなうなどして、多くの時間をその疑問に対する答えを探すことに費やしました。しかし迷いもあり、結局はうまくいかずに、会社も辞め、ボランティアグループも解散し、妻子とも一時は別居。上京して2年公園で生活する羽目になってしまいました。

ここでも中国から留学していた女性に助けていただきました。彼女はアルバイトをしながら大学で勉強し、ホームレスの方と同棲して家賃を浮かしているというのです。「私は中国の農村部に生まれた。中国は農村部と都市部の貧富の差が非常に激しい。日本は終戦後、焼け野原で何もなくなったところから、世界第2位の経済大国までになった。全国的に貧富の差もほとんどない。日本で勉強したくて、いろいろな手を使ってここにきた。ただ、来てみてびっくりした。どうみても食べられるものを捨てている。場所と時間があるのに勉強したくないという。あんたみたいな若い者が、ちょっと差別されたぐらいで、こんなところでうだうだしていてはいけない。今までの経験はあなたの宝になるはずだ。考えなおせ!」彼女の言葉に再度やり直しを決意できました。

そこからホームレスを続けながら、デザインの仕事の営業をはじめて、少しずつ社会復帰をしていきました。 そのうちに、会社のホームページを作る仕事をいただき、インターネットに出会いました。しかし、インターネットの掲示板にホームページの作り方の詳細を質問したところ、よい回答をいただくことができませんでした。 その時、質問者にやさしく答えてくれる場所があれば、いじめや、妻との関係、仕事のこと、多くのことを相談することができるのではないか、と思いました。

そして、回答をもらえた質問者は、今度は回答者になって他の質問に答えてくれるに違いないと考え、そこからこのQ&Aサイト「OKWAVE」を思いつきました。

OKWAVEの目標は何ですか?

世界中を助け合いの輪でつないでいくことです。OKWAVEでは、サイトの指標を「ありがとうの数」においています。日々どれだけたくさんの「ありがとう」が生まれたかが私たちの成果です。2013年には20ヶ国語で、200ヶ国以上にOKWAVEを広げ、より多くの「ありがとう」を世界の人々と生み出していきたいと思っています。

ぜひ、OKWAVEで質問と回答をしてください。
また、ご友人たちにもこのサイトの主旨をご紹介ください。
みなさんの暖かい心で世界をつなぎ、よりよい世の中をつくっていきましょう。
よろしくお願いいたします。

株式会社オウケイウェイヴ 代表取締役社長 兼元 謙任